未知草のーと(ミチクサノート)

身近な自然に目を向け,小さな不思議や小さな発見を綴っていきます。 東京暮らしの日々にも,ちょぴっと楽しみを添えてくれる自然たちです。

探険記録(動物編)

前回の記事で予告した通り、探険で見つけた生き物を振り返ってご紹介します!

※前回の記事:探険だー! - 未知草のーと(ミチクサノート)

 

①ナミギセル

f:id:misaki_miz1nko:20180626141044j:plain

第一印象は、驚き。

「海じゃなくて森の中なのに、こんな巻貝いるんだ!!?」

その次に思った第二印象(?)も、驚き。

「体の割に、貝殻でかっ!」

よく見ると、腹足(這っている足)がぴょこんと見えていますね。

こんなに小さな足で、重力に逆らって体を支えているなんて、人間の常識を超えているぞ!って私は思いました。

ロッククライミングならぬツリークライミングですな。

 

ナガコガネグモ

f:id:misaki_miz1nko:20180626141730j:plain

クモそのものでなく、白く目立ったクモの巣が最初に目に入りました。

彼らは自分の巣に帯状やギザギザの模様をつくることがあり、「隠れ帯」「白帯(はくたい)」と呼ばれています。

身を守るためのカモフラージュのため、昆虫を誘引させてつかまえるため、と諸説あるようです。

こいつはまだ子グモ。隠れ帯を上手に使って、おっきくなるまで生き延びるんだぞ〜!

 

③キイロトラカミキリ

f:id:misaki_miz1nko:20180626145730j:plain

なるほど感の強い、お名前。

黄色くてトラ柄のカミキリムシということでしょうか。

「でも虎って黄色いから、わざわざキイロってつけなくてもいいじゃん」と、

素人感覚で思いましたが、他にも〇〇トラカミキリってたくさんいました。

すみません、まだまだ勉強が必要ですね・・・!

伐採されて積み上げられた材木のところに、たくさんいました。

 

④キンバエ

f:id:misaki_miz1nko:20180626151057j:plain

ハエというとどうしても汚いイメージを抱いてしまいますが、ごめんなさい。

こんなに綺麗なハエがいるんですね!

これは色素によるものではなく、「構造色」です。

微細構造によって光が干渉し、特定の波長の光が強められてキラキラ光って見えます。

そういえば小さい頃、お菓子とかのオマケでシークレットのフィギュアとかあったなぁ。

シークレットは大抵ラメとかが入っているキラキラだったような気がします。

どうしてもキラキラなものって心惹かれるんだよね、なぜだろうか・・・。

キンバエがなぜキラキラをもつように進化したのかも、気になります。

 

**********

ということで、以上、動物編でした!

面白い生き物がいるんだと思うと、ちょっと暑くてもまたお出かけしようかなって気持ちになります。

近いうちにまた探険しにいこうかな。

探険だー!

お久しぶりです!

 

今日は、自然観察のプロの方々と一緒に探険に行きました!!

今まで知らなかった生き物たちとの出会いに、ノートを片手にドキドキ。

 

午前10時過ぎ、フィールドに到着。

予想通り、探険開始直後から、もうノートが埋まるわ埋まるわ。

あぁ、一度見て聞いただけでは覚えられない!

・・・でも大丈夫。だってここは大自然の中だもの。

 

f:id:misaki_miz1nko:20180620002722j:plain

私「これはなんですか?」

師匠「あぁこれはホタルガだよ」

私「へぇ〜、初めての出会いです!」

 

その後しばらく歩いて・・・あっ!!

f:id:misaki_miz1nko:20180620002742j:plain

私「これってホタルガですか?」

師匠「そうだよ」

 

・・・というように、歩いて出会っては名前をつぶやきます!

三回目の出会いでは、

私「あ、ホタルガだ!しかもよく見ると頭も赤くて、ホタルの色そっくりですね!」

どうですか?私のつぶやきに自信と観察力がついてるでしょ?笑

 

そんなこんなで、探険は5時過ぎに終わりました。

最後にノートに書いた生き物の名前を数えたら、植物・昆虫・クモ・両生類・菌類、合わせて95種類!多様な生物に出会った証拠です。

まさに、生物多様性ってこういうことなのかもしれない。そう感じました。

 

95種類のなかには、一回しか出会えず、自力で名前をつぶやく機会がなかった生き物もいました。

このままだと記憶から離れていく、、それはさみしい!

なので、今日は叶わなかった二度目の出会いの代わりとして、

いくつかの生物については今後ここで紹介できたらなと思います(^^)

日光浴。

最近、日光浴がちょっとマイブームです。

あっそ!なんじゃそりゃ!と思ったそこのあなた。結構これが気持ちいいんですよ。

ほら、こんな感じ。。

f:id:misaki_miz1nko:20171122220154j:plain

これは、きのう立ち寄った近所の雑木林の様子。

太陽の光が心地よくて、自然なあくびをさせてくれる。


あとね、日光浴中はもちろんですが、意外と翌日以降もいい思いをするんですよ(*^^*)

いっぱい勉強したり動いたり働いたりで、あぁつかれた!!と思った時も、日光浴の時の皮膚の感覚を思い出すと、ちょっと元気になれるんです。

わたし前世は植物だったのかもしれない。


雑木林じゃなくても、日光・ほんの少しの植物・座るスペースがあれば、もうそこは日光浴スポット!

みなさんもお試しあれ〜。

しそテロ 〜0円の襲撃〜

最近、わが家を襲撃するファミリーがいる。

彼らの名は、"Lamiaceae"。日本語でいうと、”シソ科”だ。

 

庭に基地を設け、台所、そして皿の上へと侵入する。そして人間の口から腹に入り、終いには人間の思考まで変えてくる。

彼らはキャラがとても確立している。茎は角ばり、花は唇のようなカタチ、葉といったらもうそれは誘惑的な匂いである。

さあ、そんな彼らが繰り広げるテロをご覧あれ。

 

①バジル

こいつのせいで、イタリアンが食べたいという思考が止まらない。

バジルソースも破壊的な旨さ。

f:id:misaki_miz1nko:20170926214816j:plain

 

②カキドオシ

花は春に咲くが、葉は夏でも存在する。

鍋に葉を投げ込めば、おいしいハーブティーの完成。

暑いのに、熱い飲み物に惹かれるなんて、頭がどうかしてるぞ!

f:id:misaki_miz1nko:20170926214544j:plain

  ↓

f:id:misaki_miz1nko:20170926214609j:plain

 

③シソ

いわゆる、普通のシソ。植えてもないのに勝手に生えてきた。

大量のシソの穂をさっと湯掻いて塩を加えれば、もういくらでもご飯食える。

もし私が太ったら、こいつのせいかもしれない。

f:id:misaki_miz1nko:20170926215016j:plain

  ↓

f:id:misaki_miz1nko:20170926215030j:plain

  ↓

f:id:misaki_miz1nko:20170926215034j:plain

 

バジルとカキドオシとシソ、いまなら庭にて取り放題。

でも、そんな無敵の彼らも、冬が来ればきっと身を引くでしょう。

それまで、いっぱい襲撃されたいです。

足元に、どどん。

あっという間に7月が過ぎ、8月になってしまいました。

ばたばたしていて、書きたいことがあるのに溜まっていく一方。。

日本では夏は一年の4分の1だけ。今しかない未知草、たくさん喰っていきたいな(*´꒳`*)bb


***************


この間のこと。

仕事帰り、暗くなった夜。あー疲れたな、歩くのめんどくさいなと思っていたところ。

足元にこんなの見つけました。

f:id:misaki_miz1nko:20170804125952j:plain

足元に花火が、どどん。

街灯に照らされ、広がる蜘蛛の巣。

真ん中には花火師さんもいて。


また見たいと思ったけど、次見た夜には壊れてた。

儚いところも、花火そっくりでした。

ちょっと道草喰います (魚のお話)

ちょっと草の話じゃないけど、許して。


とあるライブを聴きに大阪へ行ってたんですけど、ついでにnifrelという水族館に行ったんです。

とても楽しかったんだけども、それはともかくコイツみたいに何も考えずに生暖かい砂にうもれて回りの景色と化したい。。

f:id:misaki_miz1nko:20170705205923j:plain


霊長類がヒラメに憧れるなんて、なんかおもろいね。

そんなことを考えた帰り道、でした〜。